1. HOME
  2. NEWS&TOPICS

NEWS&TOPICS

最強のテストコーター 拡張性 最新型

topics

フィルム塗工機のエッセンス 

乾燥炉・張力制御がここまで出来る。これでテスト機?

他社との比較質問にも即答します。

①1mマイクロフロート×3ゾーン
②ラミの圧力、入角 クリアランスの調整可能
③自動調芯のメカロスが極めて低いガイドロール
④インフィード、アウトフィード、巻取り、ドロー、比例、いかなる制御もこなす
何よりも妥協しない巻径演算トルク及び速度制御の張力コントロールも可能 

⑤乾燥炉はテスト機としては贅沢な循環方式を採用(オプション)

⑥多様な張力制御方式を持つので、カセットチェンジでないヘッドを後から追加する場合も
楽々対応 

⑦プレテンショナーによる事前張力スタンバイはまさしく生産機

フロイント・ターボ社とコラボ商品の汎用テスト機(コロナ処理装置付き)🔘
コンベンショナルテスト機(3ヘッド対応)UV照射付🔘    MLCC 光学フィルム LIB 
ヘッドユニット増設はこちらへ→ 🔘

標準型で2700万~




⑧同型機コロナ処理装置標準搭載Ver.のカタログ寄りの抜粋






Notice: Use of undefined constant more - assumed 'more' in /home/users/2/agsupplynext/web/jpenasol/.cache/cache_news_top_.html.php on line 54

2017-07-13

FEコーターとは 史上最強の遺伝子を受け継ぐ汎用機

topics

FEコーター フロイント・ターボ社と共同開発した
最新型コーターの汎用版です。 3ヘッド+フローティング防爆のエアー 
EPC ラミネーター等基本機能そのままに コロナ処理装置
(デンマークベタフォン社製迄取り付けました)





フローティングは他社の物と比べても全く遜色有りません。




史上最強の塗工機原型に戻る🔘


Notice: Use of undefined constant more - assumed 'more' in /home/users/2/agsupplynext/web/jpenasol/.cache/cache_news_top_.html.php on line 54

2019-03-15

ヘッドユニット 増設 MLCC用ヘッド

news

2020年7月、業界最高水準のMLCC生産設備を
JPエナソルが業界に登場させま
した。

ダイヘッドタイプのMLCC塗工機は、この業界のパイオニア
YS社が
スロットダイシステムをこの世に登場させてから30年の歳月が過ぎました。

HT社の参入もあり活況を呈しておりますが、原材料や製法の目覚ましい
技術革新が続く一方、塗工機自体の能力や技術は目新しいアップデートが
ない状態でした。

業界に君臨するトップ2社+αを実現。次世代への飛翔、止まらない進化。

塗工ヘッド:業界最高水準R10・R5・R0いずれにも対応します。
供給:圧空タンク → モーノポンプ → ギヤポンプへ
乾燥炉は注目!!:ガイドロールが駆動? → ガイドロールへ押し付ける?? 
それでは高速化にとっては不利な方向に働くと考えました。
→我々は、下部完全フロート/上部は下部とバランスをとることを要さない
超低速カウンターフロー制御です。 
乾燥炉は、エネルギーロスの少ない循環式と、安直な全量排気を
ご要望により組み合わせます。
巻き出し巻取りの二軸ターレット化。

*内覧会は、大好評のうちに終了しました。
1μ塗工はあっという間にクリアしました。0.6μも15分で300mのサンプルを製造しました。
2020年7月にすべてのMLCCの塗工機の常識が変わりました。
ダイの角度調整やフィルムの進入角度の調整を時間をかけて行ったり、
そして塗液に合わせて行う時代は終わったのです。




0.6μだとこの透過性です。


この塗工時の動画を初公開いたします。
https://www.youtube.com/watch?v=tIX76tEvxGM

 

 





===第一世代 まだまだ現役のMLCC塗工ヘッド===
===研究開発用シリンジ簡易ダイヘッド(下部右)===


MLCCヘッド用ユニット    簡易塗工ダイユニット単体

MLCC用 第一世代 生産機コンベンショナルダイヘッド

 



次世代機は、3ゾーンならターレットはオプション条件で、
X線厚み計付きで1億3000万。同条件なら他社比コスパは絶対の自信
があります。

納期6か月から

下塗工機は3ゾーン4100万円で20年以上前にデビュー
次世代機の登場が楽しみでなりません!

 


Notice: Use of undefined constant more - assumed 'more' in /home/users/2/agsupplynext/web/jpenasol/.cache/cache_news_top_.html.php on line 54

2018-01-14

UV照射装置付き塗工装置FEヘリオス

topics

ヘリオスUV照射装置をオプション取り付けしたFE塗工装置です。
本編HP内でもご紹介しています、イージーオーダー型テスト機
FEシリーズにUV塗工装置を取り付けました。
本装置は展示期間を終了しお客様に納入済みですが、
新潟県村上市のERSベースに、FE塗工装置標準型の常設をいたして
おりますので是非ご覧ください。

FE塗工装置(標準型はテスト可能です)



テスト可能なFE塗工装置標準型はこちら🔘


Notice: Use of undefined constant more - assumed 'more' in /home/users/2/agsupplynext/web/jpenasol/.cache/cache_news_top_.html.php on line 54

2019-04-10

簡易標準型テスト装置

topics

コンベンショナル3ゾーンテスト機
フローティング機能を有さない乾燥炉 標準的なテスト機です。


Notice: Use of undefined constant more - assumed 'more' in /home/users/2/agsupplynext/web/jpenasol/.cache/cache_news_top_.html.php on line 54

2019-03-15

ロール巻段 防止緩衝材巻きつけ機

例えばこのようなロールに緩衝材を半自動で巻き付ける装置をオーダーメードで作成します
面長は2400㎜で、巻取り軸として使用するロールに緩衝材を巻き付けます。

この緩衝材の作用で、基材捲き始めの端部が外周上に段となって表れるのを防止するという
効果があるらしいです。

この機械、ロールに意外と精度が必要で購入品原価が非常高かったので、正直あまり儲かり
ませんでした。

アイデアを形にしたマシンです。納期2か月 360万です


Notice: Use of undefined constant more - assumed 'more' in /home/users/2/agsupplynext/web/jpenasol/.cache/cache_news_top_.html.php on line 54

2017-07-13

250万の塗工装置の改造

topics


Notice: Use of undefined constant more - assumed 'more' in /home/users/2/agsupplynext/web/jpenasol/.cache/cache_news_top_.html.php on line 54

2017-07-13

250万で塗工機はここまでできる

topics

2021年度:先端小型塗工機 JE-A/BシリーズDEBUT まさしく技術の粋
2.5ヵ月の納期で、3月以降ほぼ毎月納入予定の機械が工場にございます。

・コンマヘッド型で450万から(乾燥炉×1)
・スロットダイ  
・マイクロスロットダイC-mosカメラにてヘッド位置を検知4.5㎜幅制御の実績あります。
・小径リバース塗工は、直径17㎜~ 
このロールの直径は、理論的に接触角が小さくとれる小径ほど面性が上がります。
・インフィード+巻径検出張力制御を追加:PLUS ¥1,000,000.-

・豊富なオプション 
・フローティング乾燥炉も選択可能
*フローティング技術は塗工機メーカの技術レベルの証!
仕様として選択されなくとも、完璧にできる自信と実績がメーカー選択として重要です。

 



2018年度小型塗工機

取り敢えず大学の先生に言われて、簡易塗工機を納期45日で作りました
300㎜巾・マイクログラビア・IRヒーター・3インチ巻出し巻取り。
巻出しのブレーキ制御のみ。
小径ロールは、OSG社製G-ROLL装着でストレスなく0.8μ~の塗工に対応します。

120万~250万でどうでしょうか?
オプションは豊富。
ラミネーター(ニップロールと巻出し手動ブレーキですが)30万
シリンジダイヘッド追加は、300㎜巾(塗工幅250㎜MAX.)納期最短30日

2020/11/12UP DATE
一定速度・巻取り張力制御を標準化しております/TE-250EX型
縦型の小型塗工装置450万もラインナップしています。in/outいずれかに
フィードニップを付け、巻経を検知しております。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 



フレーム延長+シリンジダイを2個追加します。
乾燥炉の前と乾燥炉の後ろにダイヘッドを追加しました。他社の塗工機にも追加対応します。

 

本機仕様詳細、追加改造のイメージは図面を参照してください


Notice: Use of undefined constant more - assumed 'more' in /home/users/2/agsupplynext/web/jpenasol/.cache/cache_news_top_.html.php on line 54

2017-07-08

無脈動 偏心一軸ポンプは、ユニバーサルジョイントレス

topics

ユニバーサルジョイントフリーの偏心ポンプが今新しい。


ユニバーサルジョイントがない!! スクリューがー偏心回転している。メンテがすこぶる簡単。
昨日コーターメーカさんで拝見した面白いポンプの紹介です。

ユニバーサルジョイントがない偏心ポンプは、圧倒的に塗液のデッドスペースが(ポンプ内の
搬送経路容積)少なく、高付加価値塗液や活性ガスパージで供給される塗料
使用時におけるロット替え(or清掃時)の際、無駄になる塗液が極めて少ない。


また、物理的な負荷が加わる部分が少なく、破損の頻度も従来品に比べ圧倒的に低減されている。
今のところ食料品の充填や薬液の定量供給で多く使用されているようです。
産業用途では、エマルジョンやアルカリ液(チキソ性のあるものは特に良い)での使用例あり。

コーター、特にダイヘッドでの使用に関しては、見たところポンプスクリュー外筒のテフロン化
が急務のようで、FFKM EPDM FFKMでの対応のみ可能との限定がある。
又本体のみならず交換部品が非常に安価なのもこのメーカーの特色だ。好感!!
a-nakakura@jpenasol.comでご連絡ください。一部市場共同開拓品につき、メーカーの営業担当から直接コンタクトとさせます。


Notice: Use of undefined constant more - assumed 'more' in /home/users/2/agsupplynext/web/jpenasol/.cache/cache_news_top_.html.php on line 54

2012-06-21

S-キャパシター メタロイドPP 集電体に高速両面塗工

topics

JPエナソルは、メッキ法による繊維や不織布の二次電池集電体、そして金属細線への使用可能性を追求します。

特殊プライマーで、フィルムや繊維へのメッキを容易に致します。繊維の一本一本にメッキを施します。
メッキされた織布や不織布は集電体となり得ませんか。又高速両面塗工メソッドもご提案します。
もちろん通常の多孔性金属箔への高速両面塗工も2ヘッドダイで対応します。
お問い合わせはこちら

共同開発パートナーを探しています。先の展示会では分野は違えど大きな反響を頂きました。
繊維へのメッキの他、インクジェット印刷機でこの特殊プライマーをフィルム上にメッシュ形状として印刷します。その印刷面に金属メッキを施しメッキで形成された極薄メッシュを剥離して金属箔として使用が出来ないものでしょうか?

インクジェットで書き込めるメタロイドプライマーの線の太さは、2μです。
この極細の線はフィルム上の印刷配線の代わりにもなり得るのではないでしょうか?

紙に、フィルムに、繊維にメッキを施す。
従来のメッキ工法を大きく変える。

メッキプライマー、メタロイドPPは、環境にやさしくメッキの可能性を無限に広げます。                              圧倒的低コスト、強定着、そして低有毒廃棄物。

実用化例

ハイブリッドフレキシブル基板、 配線材料、 金属
メッキ樹脂材、メッキシート(プラスティック材)、メッキ生布、
メッキ繊維、メッキ不織布、etc


Notice: Use of undefined constant more - assumed 'more' in /home/users/2/agsupplynext/web/jpenasol/.cache/cache_news_top_.html.php on line 54

Notice: Use of undefined constant entry_link - assumed 'entry_link' in /home/users/2/agsupplynext/web/jpenasol/.cache/cache_news_top_.html.php on line 56
全文を読む

2012-02-21

<< 1 >> 1ページ中1ページ目

LIB製造関連機器・塗工事業・新製品共同開発などお気軽にお問い合わせください。

ページの上部へ